ウクライナのバックオーダー業者Ukrnamesの登録方法と利用の仕方

ウクライナのバックオーダー業者であるUkrnamesの登録方法と利用の仕方を解説しているページです。

中古ドメイン探し方と取得方法[HOME]

ウクライナのバックオーダー業者である「Ukrnames」は、2013年あたりは、.orgの高ページランクの期限切れドメインを結構取得していましたが、最近では、そこまで強くないような印象です。

ただ、値段は安く、競合がいなければ、30ドルぐらい(ドメイン代が約14ドル+バックオーダー代が約15ドル)で手に入るはずです。前払い制です。

オークションになった場合は、約5ドル単位での入札ですが、基本的にウクライナ人か、ロシア圏の人しか使っていないような感じなので、ページランク6や5といった高ページランクのドメインでなければ、そこまでオークションにはならないかもしれません。

ただし、日本からはクレジットカード決済時に、認証用のSMSが送られてこないことがほとんどなので、 日本から利用するのはかなり難しいと思います。

一応、Ukrnamesのサイト自体ではSMSの認証はできるのですが、クレジット決済時はロシア経由となるようで、ドコモ、AUで試してみましたが、クレジット決済時にSMSは送られてこず、決済はできませんでした。

ソフトバンクで試してみた人からも話を聞いたのですが、SMSは送られて来なかったということです。

ロシア圏ではクレジット決済は一般的ではなく、ウェブマネーが主流なので、決済時のセキュリティが厳しくなっているのかなと思います。

ロシアのWebMoneyを使えば決済はできそうですが、PayPal → 換金業者 → WebMoneyといった感じで入金しないといけないので、敷居は高いですし、 なにより、専用のアプリケーションをインストールしないといけないので、ちょっと鬱陶しいですね。

あと、WebMoneyの登録にも、SMS認証は必要なので、そこで躓く可能性はあります。

というわけで、Ukrnamesを利用してバックオーダーをかけるのはちょっと難易度が高いわけですが、Ukrnamesにログインすると、 5日前ぐらいからページランク付きの期限切れドメインのデータ(.com、.net)を見ることができるので、そのデータを利用するために 登録しておくのはいいかと思います。

まず、登録ですが、ロシア語の画面で行いますので、Bing翻訳などを使った方がいいかと思います。

新規登録は、こちらから行います。



上から、

Last name(苗字)、

First name(名前)、

Middle name (ミドルネーム)※以前は空欄だと登録できませんでしたが、今は空欄でもいいようです。

Organization(組織)、

Street address(地区、通りなど)、

Home (番地)、

Sq/Office (オフィス番号など)、

Region/state/province (都道府県)、

Postal code (郵便番号)、

City (市町村)、

Country(一番下が日本なので、それを選ぶと、電話番号が+81になります)

Telephone(電話番号)、

E-mail(電子メール)、

password(パスワード)、

password確認、

数字での認証

となります。

Ukrnames自体はSMS認証しなくてもログインはできるのですが、認証する際は、 携帯番号を入力して、SMS認証を行ってください。



電話番号を入力する際は、+81を選択し、頭の「0」は省いてください。

通話ができない格安スマホでも、別途オプションなどでSMSが利用できるものであれば、SMS認証は可能です。

LINEなどでもSMS認証はするので、馴染みはあるかと思います。

SMSは受け取る分には料金はかからないので、海外からのSMS受信でも心配はありません。

登録が完了すると、メールでパスワードが送られていきますので、登録したメールアドレスと パスワードを使ってログインしてください。

ログインすると、Dashboardの画面が出てきますので、バックオーダーをする場合には、 「add funds」ボタンから資金をアカウントに移してください。



通貨は、USDにすると、クレジット決済ができず、WebMoneyしか使えませんので、通貨はUAHを選択しましょう。



ただし、Visa/Mastercardを選択しても、ロシア経由でSMS認証ができないと決済はできません。



Ukrnames自体でSMS認証ができても、クレジット決済時はロシア経由なので、日本からはSMS認証できない可能性が高いです。



一応クレジット決済画面は載せておきますが、私の環境(ドコモとAU)ではSMSが送られてきませんでした。



期限切れドメインのバックオーダーについては、Backorderのところの、「Add new」から行うことができます。



また、クレジット決済ができずに、バックオーダーができない場合でも、Backorderのところの、「Domains with PR / CY / Dmoz」のところをクリックすると、5日分のページランク付きのドメインのデータを見ることができますので、 49.95ドル固定のNa社や、199ドル固定のE社(旧I社)といった早い者勝ちの固定価格のところに真っ先にバックオーダーをかけるにはいいかと思います。



もちろん、ページランクには偽装がありますので、ドメインカッターやBL-PR-Cutterで詳しく調べてから、バックオーダーをかけるようにしてください。



中古ドメイン取得方法
ウクライナのバックオーダー業者であるUkrnamesの登録方法と利用の仕方を解説しているページです。
Copyright 2010-2014 中古ドメイン探し方と取得方法. All rights reserved.